代表 おりた みお  
経歴
 ・看護師
 ・キッズ・ヨガインストラクター
 ・特別発達学習指導支援

3児の母。1番下の子は切迫早産で546gで出産。
五感は過度の過敏症があり、日常生活は音、光、感覚などに反応し癇癪をおこすばかりでした。
私も何が原因で泣いているのか、どうしたらいいのか分からず、辛い苦しい毎日でした。
2~3時間おきの夜泣きは3歳まで続き、重度自閉症、睡眠障害と診断されました。
日々寝不足の中リハビリや上の子のこと、家事は、私の心にのし掛かり、
今思えば、我が子も辛かった気持ちを感じることもできませんでした。
ある日医師に子どもの行動記録をつけるように勧められ、やってみると、パニックになる原因が少しずつ分かり出し、対処ができるようになりました。
親子の雰囲気もガラリと変わりました。次第に夜泣きもなくなりました。
我が子の癇癪にも理由があることが分かると、冷静に対処することができ、ただただ落ち込んでいたが、どうすればいいか考え前向きに行動するようになりました。
すると、日々少しずつの変化が私に自信を与え、そのスキルを活かし、
発達障害の子供たちに療育支援してきました。

今ようやく育児も落ち着きだし、夜泣き癇癪もちのあかちゃんを持つママのお手伝いが出来ればと「睡眠ケアハウスねんね」を思い立ち上げました。
あかちゃんのすやすやねんねと、なによりママが笑顔になれますように願っております。