1、ママのこころのサポート

毎晩、あかちゃんの夜泣きに付き合っていると寝不足になり、ママの気持ちも不安定になりがちです。

ママのイライラした気持ちがあかちゃんに伝わると、あかちゃんもそれを感じて余計に眠らないという悪循環になります。

まずはママ自身のセルフケアを優先しましょう!!

あかちゃんと少し離れて自分の時間を持つことは、その後の育児をまた頑張ろうと言う気持ちをうみだし、あかちゃんとの絆を強くします。

ねんねケアハウスでは、あかちゃんと離れる時間を持つことに戸惑ってしまうママ達のために3つのコースがあります。

 

※1日に3名までなのでキャンセル待ちになるときがあります。

毎月お知らせから空き状況をご確認下さい。

キャンセル待ちの方はカウンセリングをご活用下さい。

2.うちのあかちゃんに合うねんねサポート

騒がしい中で全く起きないあかちゃんや、生まれつきねんねの苦手なあかちゃんもいます。
あかちゃんも十人十色違っていて、子育ても万人に共通する正しい方法なんてありません。まずは「うちのあかちゃん」の行動パターンを知るために記録する事が大切です。
あかちゃんも体内時計があり眠りにつきやすい時間と、つきにくい時間があります。
記録を通して、おうちとケアハウスの連携をとり、お子さまの個性や癖などから、「うちのあかちゃん」に合ったねんねパターンをつくっていきます。

3.あかちゃんにやさしい環境

たくさんのお友達のにぎやかさが、敏感なあかちゃんにとっては、不安にさせることもあります。
ここではおうちと近い環境の中で、同じ保育者が愛情いっぱいで関わります!!
また近くに自然豊かな公園もあり、お散歩やお外遊びをして1日の睡眠と活動のメリハリをつけ、ねんねリズムを整えます。

4・さいごに

○あかちゃんの睡眠の大切さ
あかちゃんは眠っているあいだに体の発達、脳の成熟、学習と記憶や感情の整理し、心も育まれていきます。
睡眠が充分に足りていないと、あかちゃんもイライラし、神経質になったり、興奮したりして扱いが難しくなります。
あかちゃんの身体の発達を知り、ねんねリズムを整えれば、親子でごきげんな毎日につながります。